残業を言い訳に浮気した旦那、離婚しない条件を出すことにしました

残業を言い訳に浮気した旦那、離婚しない条件を出すことにしました

残業が月に2回から週に2回へ
私が旦那が浮気しているんじゃないかと思ったきっかけは残業が多くなって残業時間が長くなったことでした。
もともと、残業は月に2〜3回程、1〜2時間程ありました。
しかし、おかしいなと思った時には、週に2〜3回、3〜4時間残業という理由で帰宅時間が遅くなっていました。
最初のうちは、仕事が最近忙しくて大変そうだなと思っていました。

 

浮気を確信したのは給料明細の残業手当て

しかし、こんなに残業が増えた割にはそういえばお給料が以前とたいして変わらないなと思い、旦那の給料明細を見たら、残業手当てがほとんどついていませんでした。
旦那がこんなに頑張ってるのに、なんで残業手当てがついてないんだとムカついたので、旦那にも、残業手当てついてないみたいだけど、会社に、残業手当てちゃんとつけてって言っていいんじゃない?と言いました。
しかし、旦那は俺が仕事が遅いから残業してるだけだから残業手当てはいらないと言いました。
以前は旦那はこんなこと言わなかったのでおかしいなと思いました。
なので、旦那とよく飲みに行く旦那の会社の方に少しお話を聞いてみました。
すると、やっぱり旦那の会社はどんな理由だろうと、残業したときはちゃんと残業代が出るとのことでした。
それなら、私の旦那は何をしていて帰りが遅くなっているのだろうと思いました。
すると、その方は、私の旦那は今年入った新入社員の女性の事を気に入っているようで、よく仕事終わりに食事などをしているようだとのことでした。
ただそれは、上司として、部下を可愛がっているだけなのかもしれないとのことでした。
私はその女性と浮気していると思いました。
だって浮気じゃないならわざわざ残業だなんて嘘をついて食事などに行かなくてもいいと思うからです。

 

問い詰めてみたらやっぱり会社の女性浮気をしていた旦那

その後旦那に問い詰めたら、やっぱりその新入社員の女性と浮気していると白状しました。
旦那はその女性とはもう終わりにするからと言いましたが、会社に行けばその女性が毎日いるわけなので、関係が無くなったにしてもとても嫌です。
なので、離婚したくなかったら、今の職場を辞めることを条件にしました。
その位しないとずるずると続いているのではないかとずっと疑ってしまいそうだったからです。
そして、旦那は新しい仕事を見つけて浮気相手のいる会社を退職しました。
浮気がバレてからは、少し改心したのか、私の言うことをよく聞いてくれるようになりました。
しかし、またいつか浮気するのではないかと不安でたまらないので、目を光らせています。

 

(浮気された当時の年齢:20代 浮気されたときに住んでいた地域:福岡県 浮気された当時の職業:看護士 浮気相手:会社の同僚)