正社員で残業も多かった私、その傍らで浮気していた旦那に思わず涙が溢れました

正社員で残業も多かった私、その傍らで浮気していた旦那に思わず涙が溢れました

急に増える大学の同級生との飲み会

入籍して金銭的な関係で一年後に結婚式をあげました。
結婚式のあとも私は正社員として働いていて、残業で帰りも遅いことが多かったです。
旦那は製造業の正社員なので私より帰りが早いことがほとんどでした。
ある日、旦那が大学時代の同級生たちと飲みに行くと言って、普段より遅く帰ってきました。
そして、その日から「大学時代の同級生たちとの飲み会」が増えたのです。
以前も飲み会はよくあったのですが、半年に一回や、三か月に一回と本当にたまにしかない飲み会でした。
しかもいつもは土曜の夜や日曜日の夜にあっていた飲み会が平日週一で入り、しまいには週に三回も行われるようになったのです。
そんなに頻繁にあるものなのかなと少しずつ疑問が出てきました。

 

浮気に気づいたのささいなタバコの臭い

そしてふと、私は気が付いたのです。
私はタバコの臭いが嫌いで、もちろん飲み会の後の衣服に付いた臭いも嫌いなのですが、その衣服に付いた臭いがそんなにひどくないんです。
ほんのわずかにタバコの臭いはします。
でも全身にタバコの臭いを浴びたような臭いではなくてちょっとタバコを吸った人がいた部屋にいてついたくらいのレベルなんです。
たとえるならカラオケボックスで遊んだくらいのレベルです。
おかしいなと思って私は旦那の大学時代の友人の一人で、整骨院に勤めている友人Aのもとを訪ねました。
腰痛持ちの私はAの勤めている整骨院のお世話になっていて、そこは遅くまで開いているので、私は残業を終えた後に向かいました。
施術を受けているときに「最近よく平日も集まってるんですね。普段こんなに遅くまで仕事してるのに、朝きつくないですか?」と聞いたんです。するとAは「先月の飲み会から会ってませんよ?」と言いました。
私はくやしいのか悲しいのか、よく分からなくなってしまい、思わず涙があふれてしまいました。
Aは驚きながらも、私が最後の患者というのもあって話を聞いてくれました。
Aは先月の飲み会が自分の主催した飲み会だったことを気にして旦那のことを少し調べてくれると言ってくれました。

 

浮気の発覚と共に、自身の妊娠が発覚

それから私は妊娠が発覚し、その件を旦那に伝えました。
いつものように喜んでくれたのですが私はどこか喜べませんでした。
でも、それからも頻度は減りましたがやはり二週間に一、二回は飲み会へ行っていました。
初めての妊娠と旦那の浮気の疑惑に不安な毎日を過ごしていました。
するとAから連絡があったのです。
最初の飲み会の時に来ていた女子は二人しかおらず、そのうちの一人は彼氏がいたのでもう一人のBさんに結構しつこく聞いたらしいのです。BさんはAと一緒に結婚式にも出席してくれた方だったのでショックでした。
それからAの家に私と旦那とAとBさんで集まり話し合いをしました。
旦那とBさんは謝るばかりでした。

 

浮気の理由はあきらめきれなかったから

Bさんは学生のころから旦那のことが好きだったらしく、入籍・結婚式を見てもあきらめきれなくて、飲み会の帰りに飲み会のあった場所から近かった自宅に旦那を誘い肉体関係をもったらしいです。
私は涙が止まらなかったです。

 

離婚するべきか悩んだけれど、お腹の子供のことを考えると

でもお腹の子供のことを考えると離婚はしたくありませんでした。
そこでもう二度と会わないという念書とBさんには市外へ引っ越しをしてもらい、二人にはSNSなども全て退会させ、携帯もデータの消去・解約をしてもらいました。
Aも飲み会にはBさんを誘わないと同じく念書に書いてくれました。
その後、飲み会もなくなりいつも通りの旦那に戻りましたが、実は私は流産してしまい、それなら別れてしまえばよかったとどこか思いつつ、いまだ旦那のことは信じられずにいます。
それでも、浮気と私の流産に責任を感じているらしく、前よりかなり優しくはなりました。

 

(年齢:27歳 浮気されたときに住んでいた地域:福岡県 浮気されたときの職業:OL 浮気相手:大学時代の同級生)